医療レーザー脱毛・美容|羽曳野市はびきので内科・循環器内科 きのうクリニック|脱毛 プラセンタ 美白

医療レーザー脱毛・美容

医療レーザー脱毛

医療レーザーによる脱毛器具には、ダイオードレーザー、アレキサンドライトレーザー、ヤグレーザーがありますが、当クリニックではダイオードレーザーによる脱毛を行っております。 従来のレーザー脱毛は、毛根を完全に破壊する必要があるため高い熱量が必要で、痛みや火傷のリスクがあり肌の色が濃い人や日焼けをしたお肌には照射が困難でした。しかし蓄熱脱毛方式は低フルエンス(出力)のレーザーを1秒間に10回、繰り返し照射することにより、徐々に皮下で熱が蓄積され、細胞にダメージを与えながら破壊していくので痛みをほとんど感じず脱毛が可能です。また低出力のレーザー照射のため毛が濃い方はもちろん、肌の色が濃い方や日焼けしている方も痛みを感じず施術を受けられます。

従来の脱毛はメラニン(黒い色)に反応させるため色が濃くしっかりした毛には反応が良いが産毛には効果が得られにくいというケースが多かったのですが、蓄熱式は熱エネルギーを蓄積させて脱毛する仕組みなので産毛、金髪にも対応可能です。

施術時は照射する部位にジェルを塗布します。これは肌の乾燥や照射時のやけどを防ぐといった意味合いがあり、その後の保湿効果もあります。施術中は、同器具にある冷却装置により、痛みを和らげます。同レーザーにおきましても、永久脱毛の効果を得るには、毛周期の関係で、他の医療機器と同様で10か月~1年の間に5~6回ほど通う必要があります。
また、肌が弱い人の場合、照射の際に肌に赤みが出る場合がありますが、その場合はその場で処置いたします。


医療レーザー脱毛は自費診療になります。(効果には個人差がございます。)

ファームアップ

ファームアップは、1300nmの光を用いて真皮コラーゲンに熱エネルギーが伝わることで線維芽細胞を活性化させ、コラーゲンの収縮、生成を促します。
コラーゲンは、ふっくらとしてハリと弾力を支える役割があります。しかし健康的なコラーゲンの量は25歳をピークに40歳では1/2、60歳で1/3になってしまうと言われています。加齢とともに、肌のハリの低下、ハリ不足によるフェイスラインの崩れ、目元・口元のスジが気になるなどの悩みはまさにこのためです。
ファームアップによりコラーゲンの収縮、生成を促すことにより肌の張りをUP、たるみを引き締める、小じわを目立たなくさせるなどの効果や、毛穴の引き締めにより毛穴を縮小させる効果も期待できます。
またメラニン色素にはほとんど反応しないため、施術による色素沈着のリスクが低く、痛みもほとんどの方が感じることなく治療をお受けすることができます。
治療後に赤みが出る場合がありますが、その場合はその場で処置いたします。

ファームアップは自費診療になります。(効果には個人差がございます。)


エレクトロポレーション

針を使わず有効な美容成分を肌の奥へと浸透させる導入法です。有効な美容成分をお肌の奥へと浸透させることができるため、保湿はもちろん、肌質の改善、より高い美容効果が期待できます。
美容成分の効果に加えクーリング機能を利用する事でレーザーや日焼けなどのお肌の鎮静、トリートメント効果がみられ、ヒーチィング機能により血流の改善や美容成分の浸透しやすい肌状態を作ります。
副作用として、赤みや湿疹などが出る場合があります。

エレクトロポーションは自費診療になります。(効果には個人差がございます。)


ピーリング

サリチル酸を主成分としたお薬をお顔に塗布し、皮膚の角質層~表皮上層部をはがれやすくし、肌のターンオーバーを正常化します。この作用により、肌のしみ、そばかす、くすみ、ニキビ、ニキビ跡、小じわ、はり、毛穴の開きなどを改善させます。サリチル酸は角質層のみに反応するため、他の細胞を傷つけず、安全性の高い治療になっています。

ピーリングの効果

1.くすみのない柔らかな肌へ

古い角質が溜まることによりかたくゴワついたお肌になり、スキンケアの効果も得られにくくなります。角質を取り除き、毛穴引き締め作用で透明感のある肌へと導きます

2.ニキビ治療

ピーリングによる殺菌効果で、ニキビの原因菌の増殖を防止します

3.シミや色素沈着を改善

繰り返し行うことで、角質内にあるメラニンを外へ排出し、シミやニキビ痕の色素沈着を薄くします

4.肌のターンオーバー力がUP

また真皮のコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を増やす効果があるので肌のハリや小じわの改善の効果が期待できます

5.毛穴の開きを改善

毛穴の汚れを溶かし出し毛穴の開きを改善します。

副作用として、赤み、ひりつきが起こることがあります。冷却、保湿をしていただければ症状は改善します。

ピーリングは自費診療になります。(効果には個人差がございます。)

プラセンタ注射

プラセンタとは胎盤のことを言い、胎盤には、受精卵1個をたった10ヵ月の期間で平均3kgにまで成長させるのに必要な栄養素(ヒアルロン酸、コラーゲン、必須アミノ酸、たんぱく質)と成長因子が含まれています。

この胎盤から抽出したエキス(=プラセンタ)は、体内環境を調整する作用があり、組織を本来あるべき状態に修復・再生しようとする大きな力を発揮します。元々は肝機能を改善する薬として認可された注射薬でしたが、若返り効果や美肌作用、また更年期障害を緩和する働きもあることがわかり、エイジングケア(抗加齢)医療としても取り入れられるようになりました。

プラセンタ注射は、サプリメントなどによる摂取に比べ、遥かに即効性に優れています。
ご希望の方には、最適な用法・用量をよく検討した上で投与いたします。
また、更年期障害と診断された方には保険適用となることもあります。

また、プラセンタ注射など胎盤エキスを注射したことがある場合、献血を受けることができないことになっていますのでご注意ください。

プラセンタ注射は自費診療になります。(効果には個人差がございます。)

ビタミン点滴

ビタミン点滴とは、ビタミンB群とビタミンCを含んだ点滴になります。ビタミンB群は体内におけるエネルギー産生を促し、蓄積した疲労物質を除去するため、疲労を回復させたい際に効果を発揮します。また、ビタミンCには、美肌などの美容効果、風邪予防、免疫力の強化といった効能が期待できます。 施術時間は内容により異なりますが、15~30分程度かかりますが、ビタミンB群やビタミンCなどの栄養素を注射よりも多く摂取することができます。

ビタミン点滴は自費診療になります。(効果には個人差がございます。)

美白点滴

美白点滴は海外セレブや芸能人、韓流スターが受けているということから話題となりました。美白点滴はグルタチオンという成分を高配合した点滴です。

グルタチオンの効果

1.メラニン生成を抑制

メラニン合成を強力に抑制することができるので、今あるしみの改善、メラニン生成の予防を助けてくれます。

2.抗酸化作用

強い抗酸化作用があり、人間の身体をサビから守ってくれる代表的な物質でもあります。老化の原因と言われている身体のさびを抑制することによりアンチエイジングとしても有効です。

その他疲労回復、肝機能UP、免疫力UPなどの効果もあります。
グルタチオンは20代をピークに減少し、以降は外から補うしか増やすことができません。グルタチオンは胃腸ではほとんど体内に吸収されないため、ダイレクトに身体に届けるのには点滴が効果的です。

また、点滴には、薬剤によるアレルギーが出る可能性があり、気管支に作用する成分が含まれているので、咳が出る場合があります。

美白点滴は自費診療になります。(効果には個人差がございます。)

© きのうクリニック