専門外来|羽曳野市はびきので内科・循環器内科 きのうクリニック|禁煙外来 ペースメーカー 整形外科 認知症

専門外来

禁煙外来

タバコを止めたい方を対象にした専門外来が禁煙外来です。禁煙治療を行う際は、これまでの喫煙歴をお聞きし、把握したうえで、禁煙補助薬を処方いたします。処方後は経過を観察していき、生活指導を含めたアドバイスも適宜行っていきます。
喫煙習慣は一種の薬物依存でもあります。タバコにはニコチンの作用がもたらす脳や身体への快感による身体的依存だけではなく、ホッとする、スッキリするといった心理的依存も重なっていることが多いです。そのため、禁煙をすることは容易ではありません。
禁煙外来では、医師のアドバイスと併せて禁煙補助薬を処方いたします。今度こそ禁煙を実現したいと考えている愛煙家の皆様、当クリニックでその願いを実現してみませんか。

主な禁煙補助薬

禁煙外来で処方される禁煙補助薬は、ニコチンを含まない補助薬とニコチンを補給して徐々にフェードアウトしていく禁煙補助薬に分類されます。主な薬の種類は以下の通りです。

ニコチンを含まない禁煙補助薬
バレニクリン酒石酸塩が主成分の飲み薬(錠剤)

薬の主成分であるバレニクリン酒石酸塩は、「ニコチン切れ症状」(イライラ感や焦燥感など)を軽減するほか、タバコをおいしく感じにくくします。禁煙開始予定日の1週間前から服用し始めます(1日2回食後にコップ1杯程度の水またはぬるま湯で服用)。飲み始めの1週間はタバコを吸いながら服用し、8日目に禁煙を始めます(タバコを自然に吸わなくなったような場合は、8日目を待たず、早めに禁煙に入ります)。服用期間は通常、合計12週間です。途中で服用をやめたりせず、医師の指示どおりに服用を続けてください。

ニコチンを補給する禁煙補助薬
ニコチンパッチ(貼り薬)

ニコチンを含んだ貼り薬です。医師に処方してもらうタイプと薬局などで購入するタイプがあります。1日1回、上腕や腹部、腰背部などに貼ります。ニコチンは皮膚からゆっくりと吸収されます。かぶれを防止するためにも、毎日違う場所に貼ると良いでしょう。タバコにはニコチン以外にも一酸化炭素などの有害物質が200種類以上も含まれますが、ニコチンパッチにはニコチンしか入っていないので、タバコよりも安全です。

ニコチンガム

薬局・薬店で購入できるニコチンを含んだガムです。ガムを噛むと含まれているニコチンが口の粘膜を通して血液中に吸収され、禁断症状が緩和されます。1回の使用量は必ず1個とし、徐々に減らしていきます。ニコチンガムは医薬品ですので、噛み方は普通のガムとは異なります。正しく使わないと効果が現れないばかりか、逆に副作用を招く可能性もありますので、使用上の注意事項はきちんと守ってください。

健康保険が適用される禁煙治療

禁煙治療は、健康保険が適用されます。ただ、治療を受けるには一定の要件があり、初回の診察で医師が確認します。その結果、要件を満たさないと判断されたとしても「自由診療」で禁煙治療を受けることは可能です。健康保険で禁煙治療を受けられる方は以下の通りです。

  • ニコチン依存症を診断するテスト(TDS:Tobacco Dependence Screener)で5点以上
  • 35歳以上の方でブリンクマン指数(1日の喫煙本数×喫煙年数)が200以上(例えば、25歳から1日15本喫煙している45歳の人なら、15(本)×20(年)=300であり、対象となります)
  • すぐに禁煙したいと考えていること
  • 医師から受けた禁煙治療の説明に同意し、説明内容に納得された時は、文書で同意(サイン等)すること

※過去に健康保険等で禁煙治療を受けたことのある方の場合、前回の治療の初回診察日から1年が経過しないうちは「自費診療」となります。

ペースメーカー外来

不整脈などが原因で、ペースメーカーの埋め込みをされた患者様を対象とした外来となります。日本不整脈心電学会認定の不整脈専門医でもある院長や循環器専門医の医師が担当します。ちなみにペースメーカーとは、脈拍の遅い病気を持つ患者様に行われるもので、心臓を動かす際に必要な電気信号を人工的に起こして、心臓のリズムを正常にするための機器になります。
ペースメーカーを埋め込んでいる患者さんは、半年に1回程度、ペースメーカー外来での定期的なチェックが必要となります。チェックとは、専用の機械を体の外から当てるだけで、ペースメーカーのいろいろな情報を読み取ることができるというものです。
受診時は、必ず「ペースメーカー手帳」をご持参ください。今までの経過や、その日に行ったチェックの内容を記録させていただきます。なお、チェックの内容とは主に以下のようなものになります。

  • ペースメーカーはきちんと作動しているか
  • バッテリーがあとどれくらいもつか、リード線は消耗していないか
  • ペースメーカーに何かトラブルは生じなかったか
  • 不整脈の発生状況 など

※通院患者様におきましては、チェックが必要になった頃に、ご自宅に案内状をお送りさせていただきます。
※通院患者様以外でも、ペースメーカーについての相談がございましたら、随時受け付けておりますので、お気軽にお越しください。

整形外科

整形外科では、身体を動かすのに必要な器官、いわゆる運動器(骨、筋肉、関節、神経など)で起きた外傷や疾患について診察・治療を行います。
具体的には、日常生活で感じている、肩こりや肩の痛み、腰痛、膝痛、手足のしびれ、神経痛などの症状をはじめ、打撲、捻挫、骨折といった外傷のほか、骨粗鬆症の診断と治療も行います。

このような症状がある場合はご相談ください(例)

骨折、脱臼、捻挫、肩こり、神経痛、痛風、五十肩、むち打ち、寝ちがえ、つき指、扁平足、腰痛、臀部痛、靱帯の損傷、膝・足のしびれや痛み、頸部痛、手や肘のしびれや痛み、肉離れ、関節疾患(股関節、手関節、肘や肩など)、切り傷・擦り傷・刺し傷、椎間板ヘルニア、骨粗鬆症、関節リウマチ、腱鞘炎、スポーツによるけがや障害 など

骨粗しょう症

骨粗鬆症を簡単に述べると「主に加齢が原因で骨が弱くなり、折れやすくなってしまう病気」です。骨粗鬆症の患者様は、高年齢の女性が多くを占めており、なかでも閉経を迎えた女性によく見受けられます。その理由として、閉経した女性は、女性ホルモン(エストゲン)が減少するのですが、これが骨吸収のスピードを速める要因となり、骨形成が追いつかず、骨がもろくなってしまうのです。そのため、ちょっとした転倒でも骨折するようになり、最悪な場合は寝たきりになることもあります。

検査について

骨粗鬆症が疑われる場合は、骨密度検査(DEXA法、MD法、超音波法)、X線検査、骨代謝マーカー(血液や尿)などが行われます。判断については、骨密度(骨の強さを判定するための指標)や骨折の有無などが基準となります。

治療法について

骨粗鬆症は、老化や閉経以外にも食事や運動といった生活習慣も大きく関係しています。そのため「骨の生活習慣病」とも言われ、食事・運動療法もこの病気の予防と改善には欠かせません。また、骨粗鬆症の診断を受けた場合は、治療の中心は薬物療法となります。それぞれの治療法は以下の通りです。

食事療法

骨の主成分であるカルシウムやたんぱく質、および骨のリモデリング※に必要なビタミンD・Kなどの栄養素を積極的に摂りながら、しかもバランスのとれた食生活を送ることに努めます。

※リモデリング:骨を壊す働きをする破骨細胞が骨を吸収する一方で、骨をつくる働きをする骨芽細胞が、破骨細胞によって吸収された部分に新しい骨をつくる代謝作用。

運動療法

体重の負荷をかけることで骨は丈夫になりますが、必ずしも強度の高い運動が必要というわけではありません。ウォーキングのような軽度の運動をするだけでも十分に効果があります。とにかく長く継続することが大切です。

薬物療法

医師の判断により、骨の破壊を抑制する薬(ビスフォスフォネート製剤やSERMなど)や骨の材料を補う薬(カルシウム製剤や活性型ビタミンD3製剤など)などが処方されます。多くの場合、骨粗鬆症の診断を受けると開始します。

認知症

認知症とは、正常に働いていた脳の機能が、脳の病気や障害のために低下してしまい、やがて記憶や思考へも影響を及ぼす疾患です。発症すると、物事を記憶したり判断する能力、時間や場所・人などを認識する能力が下がるため、日常生活に支障をきたすようになります。
「物忘れ」と非常によく似た症状が認知症には現れます。そのため物忘れの自覚があるようなら早めの検査をお勧めします。その結果、例え認知症と診断されたとしても早期に発見することができれば、完治させるのは困難でも、進行を遅らせることは可能です。
年をとるほど認知症は発症しやすく、有病率については65歳以上70歳未満の方では1.5%ほどですが、85歳以上となると27%となり、実に4人に1人以上の方が認知症患者というデータもあります。
また、若くても脳血管障害や若年性アルツハイマー病を疾患することで認知症を発症することがあります。なお、65歳未満で認知症を発症した場合は、若年性認知症と言います。

認知症が疑われる主な症状

  • もの忘れがひどい
  • 場所や時間がわからなくなる
  • 人柄が変わってしまった
  • 判断や理解力が低下している
  • 何事にも意欲がみられない
  • 不安感が強い など

認知症の種類について

認知症は主に以下の4つの種類に分類されますが、全認知症患者の約60~70%はアルツハイマー型認知症で、約20%は血管性認知症と言われており、認知症患者の約9割がこの2大疾患で占められています。

アルツハイマー型認知症 脳にアミロイドβ(ベータ)などの特殊なたんぱく質が蓄積することで脳の神経細胞が壊れて減り、それにより脳の神経が情報をうまく伝えられず、機能異常を起こすのではないかと考えられています。
また、神経細胞が減ることで臓器でもある脳そのものも萎縮していき、やがて脳の指令を受けている身体機能も徐々に失われていきます。男性よりも女性患者が多いのも特徴です。
血管性認知症 脳血管性の疾患(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血など)により、脳の血管に出血が見られたり、詰まったりすることで脳細胞に酸素が十分にいき届かなくなります。そのことで脳の神経細胞が減ってしまい、やがて発症してしまうのが血管性認知症です。
レビー小体型認知症 レビー小体(神経細胞にできる特殊なたんぱく質)が脳の大脳皮質(物事を考える場所)や、脳幹(生命活動を司る場所)に多く認められる疾患です。レビー小体が多く集まっている場所では、情報をうまく伝えられなくなるため、認知症が起こります。
前頭側頭型認知症 前頭葉と側頭葉が萎縮することによって起こる認知症で、ピック病と呼ばれることもあります。初期症状として性格変化や行動異常がみられます。このタイプは、若い世代の方にも見受けられます。

認知症の治療について

現在、認知症が完治する治療法は確立されていません。それでも、他の病気と同様に早期発見・早期治療に努めることで病状の進行を遅らせることは可能です。その治療法には、薬物療法と非薬物療法があります。

薬物療法

アルツハイマー型認知症で行う薬物療法は、脳の神経細胞が壊れることで起こる症状(記憶障害や見当識障害など)を少しでも改善し、病気の進行を遅らせる治療薬と、周辺症状(不安、焦り、怒り、興奮、妄想など)を抑える治療薬が用いられます。
血管性認知症の場合は、脳血管障害の再発によって悪化していくことが多いため、「再発予防」に注力します。脳血管障害の危険因子である高血圧、糖尿病、心疾患などをきちんとコントロールするとともに、脳梗塞の再発を予防する薬が使用されます。
このほか、意欲・自発性の低下、興奮といった症状に対して脳循環・代謝改善薬が有効な場合もあります。抑うつ症状に対しては、抗うつ薬が使われたりもします。
薬物投与は早い時期から開始すると、より高い改善効果が見込まれます。そのため完治が困難な認知症であっても早期発見と早期治療はとても大切です。

非薬物療法

薬物を使わずに脳を活性化し、残っている認知機能や生活能力を高める治療法が非薬物療法です。
認知症と診断されても、患者様ご自身ができることはたくさんあります。まずは家庭内で本人の役割や出番(洗濯物をたたむ、食器を片づけるなど)をつくって、前向きに日常生活を過ごされることが大切です。
また、昔の出来事を思い出してもらう(回想法)、無理のかからない範囲で書き物の音読や書き取り・計算ドリルをする(認知リハビリテーション)、音楽を鑑賞したり、演奏したりする(音楽療法)、花や野菜を育てる(園芸療法)、自分は誰で、ここはどこかなど、自分と自分のいる環境を正しく理解する練習を重ねる(リアリティ・オリエンテーション)などの方法も効果的です。
このほか、ウォーキングなどの有酸素運動を行う(運動療法)、動物と触れ合う(ペット療法)、レクリエーションなども非薬物療法のひとつです。

© きのうクリニック